• PE-BANKと契約して26歳で年収800万になった大阪のフリーランスですが全てを語ります




じゃけぇじゃけぇ

とうとうパソコンを買い替えたぞー!!

考える人考える人

うおーーー!!!

最近まで使っていたパソコンはLenovoちゃんで、大学入学時に買ったものなのでかれこれ8年使っていました。

流石にそろそろ限界だ…



そう思って心機一転おにゅ~のPCを買うことを決意!


そこから色々調べました。

じゃけぇの条件としてはこんな感じ
・なるべくコスパ良く(10万くらいが理想)
・なるべく性能良く(Corei7以上程度)
・ノートPC(モバイルは不可。15.6インチが理想)
・メモリは8GB以上
・絶対SSD
・新品


ん~わがまま!!

パソコンを探したことがある人なら分かると思いますが、まぁ厳しい条件設定です(笑)

しかしこれらを全て叶えてくれる夢のようなパソコンに出会えたので是非皆さんにもご紹介します。


いや、させてください!

パソコン探し~プロローグ~

メーカーは特にこだわることなく、まずは色々情報を集めました。

が、しかし

15万は超える(‘Д’)



まず分かったのは家電量販店など店頭で買うのは論外と言うこと。

余分なソフトが入ってるし、多少値引できることを考えても高すぎる。

↑の条件なら20万いってもおかしくありません。

そこでたどり着いたのがBTOショップというものです。

BTOとは?

BTOとはBuild To Orderの略で、受注生産方式のことを表します。

普通店頭にあるPCは全て組み立てられた状態で販売されていますが、BTOの場合注文があってからPCを組み立てます。

考える人考える人

要は何が良いんじゃ??

じゃけぇじゃけぇ

特徴としては
・自分の好きにカスタマイズできる
・普通に買うより安い
・ネットから簡単に注文できる

ってことかな

現在日本国内でも多くの有名なBTOショップがあり、評判も高いところが多い印象です。

有名なBTOショップについては記事の最後にまとめたので、参考にしてください。

ドスパラでの出会い

BTOショップをネットで徘徊していたところ、あるショップにたどり着きました。

それがドスパラです。

「何か聞いたことあるなー」程度だったのですが、BTOショップでは1、2位を争う有名ショップでした。


「ここにもないだろうな~」


とか思いながら検索していったら、、、



「こ、これええんとちゃうか!!」


そこで見つけたのが


Critea DX-KS F7


というノートパソコンです。

Critea DX-KS F7のスペック

Critea DX-KS F7は以下の2種類に分けて販売してありました。
・Critea DX-KS F7(HDD 1TB)
・Critea DX-KS F7(SSD 500GB)


HDDのほうが8000円程安かったですが、ここは迷わずSSDを選択しました。

以下スペックです。

【OS】
 ⇒Windows 10 Home 64ビット
【CPU】
 ⇒インテル Core i7-8550U
【グラフィック】
 ⇒15.6インチ非光沢液晶(1920×1080)
【メモリ】
 ⇒8GB
【ハードディスク】
 ⇒500GB SSD
【マザーボード】
 ⇒インテルチップセット搭載マザーボード
【重量】
 ⇒1.8kg

見事に私の条件を叶えてくれています。

むしろ第8世代CPUという、私の予想を超えてくるハイスペック!!

しかもこのサイズで1.8kgという再軽量モデル!

従来より0.5kg近く軽くなっています。

考える人考える人

これは買うしかないのぉ~

じゃけぇじゃけぇ

いや待て、まだ値段がハッキリしてない!

会計を進めていくとなんだかんだ値段が上がっていくこともよくあるので、ギリギリのところまで進めた結果、、、




107,354円




素晴らしい!!!


このスペックでこの価格は他じゃありえませんでした。ハイ決定。

じゃけぇじゃけぇ

しかもなんと48回払いまで手数料が無料みたいだよ(2018年8月現在)
(月々の支払が3000円を超える必要有)

それに甘えた私は30回払いにしたので(笑)、月々3500円でハイスぺPCをゲットしました。

Critea DX-KS F7の画像

さっそくネットから注文しました。

BTO(受注生産方式)だと届くのが遅いと思われがちですが、ドスパラだと注文してから3日で家に届きました。

じゃけぇじゃけぇ

早ぇぇぇぇぇーー!

正真正銘の第8世代でした。



背面に何もマークなどが無い超絶シンプルデザインもたまりません。



BTOだと無駄なものが入ってないので良いですねぇ~。


どのくらいの起動速度か

第8世代CPU + SSDということで気になるのが起動速度だと思いますが、そりゃあもう引くくらい早いです。

だいたい参考程度に↓くらいでした

電源ボタンを押してからパスワード入力画面が表示されるまで
 ⇒約10秒
パスワードを入力してからデスクトップが表示され、Edgeアイコンを押してホーム画面に設定しているGoogleトップページが開くまで
 ⇒約9秒



Critea DX-KS F7を購入している人のレビューを見ると、やはりHDDだと第8世代CPUの良さが消されてしまうので買うならSSDにするのがのようですね。

いや~しかし快適だ。家に帰ったらまずPCの電源を入れてその間に色々やるというルーティンが消え去りそうです。

BTOショップ一覧

有名どころのBTOショップを載せておきます。参考までに。

マウスコンピューター

乃〇坂がイメージキャラクターの最近伸びてきているマウスです。

値段も結構良心的です。





フロンティア

ここも有名なBTOショップです。

キャンペーンやセールをよくやっているイメージがあります。





パソコン工房

パソコン工房も有名ですね。

実際の店舗も全国にあるみたいなので実物を見てから買いたい人にも◎です。

Lenovo

Lenovoも公式ショップでBTOを行っています。

Lenovoは私も8年使って壊れなかったように、非常に丈夫さに定評があるのでその点重視する人は良いかもしれません。



HP(ヒューレット・パッカード)

ヒューレットパッカードのPCはよく目にするのではないでしょうか。

値段も比較的安価で、東京で生産しているという安心感もあります。

あとデザインが最先端というか、カッケーのも多いです。ここもまたBTOを行っています。

DELL(デル)

デルのPCも現場ではよく目にします。

コスパに優れています。

なんというか、DELLです。個人的にはあんまり好まないです。理由はわかりませんが(笑)


この他にもまだまだBTOショップはあるので、ネットで検索したりしてみてください。

さいごに

因みにですが、↑で買ったPCはOfficeが付属していません。

もちろん注文時に付けることも出来ますが、まぁ高いので私は何とか安く入手できる方法はないかと探したところAmazonに↓のようなものが販売されていることを知りました。

1/5以下の値段で買えるのでOfficeが必要な人はこっちで買ったほうが安く済むと思います。

実際に↑のOfficeを購入してみました!超オススメです!
Officeを定価の1/10という格安で買う方法。Amazonでダウンロード版を買うべし!



Critea DX-KS F7について何か聞きたいことがあればお問い合わせからメールしてもらえればお答えします^^

じゃけぇじゃけぇ

次はディスプレイかな~~


それでは!また!!

最後まで読んで頂きありがとうございます!
人気の記事だけ集めたので是非覗いていってください^^
 厳選!目的別にオススメ記事を紹介-あなたの欲しい情報がここに-