• PE-BANKと契約して26歳で年収800万になった大阪のフリーランスですが全てを語ります





本日もPHPの備忘録です。

プログラムを組んでいると変数とかを繋げて文字列を作りたい場面が多々あります。



みたいにやっても良いんですが、どうせならもうちょっとかっこよく書きたいですよね。

そこで便利なのが


implode


という関数です。

implode関数とは

implode関数は、配列を指定した文字列で連結した文字列に変換するというものです。

implode(配列要素をつなぐ文字, 配列)

というように記述します。

じゃけぇじゃけぇ

因みに引数の順番はどっちでも動くけど、↑に書いた順番が推奨されているみたいだね

考える人考える人

ゆるゆるじゃのぉ~

じゃけぇじゃけぇ

公式サイトには「歴史的理由で…」ってかいてあったよ(笑)

implode関数の使い方

では実際にimplode関数を使ってみましょう!


シンプルな記述で文字列変換ができました。

応用すると以下のような使い方もできます。


これであなたもうざい記者の仲間入りですね。

ポイントはimplodeは配列の要素同士を指定の文字列で連結するので、

最後の要素の後ろにも反映したい場合はあえて空の要素を追加してから処理するところです。

色々できそうですね。

さいごに

だいぶPHPも慣れてきました。

引き続き役に立ちそうなことは残していきます。

それでは!また!!

最後まで読んで頂きありがとうございます!
人気の記事だけ集めたので是非覗いていってください^^
 厳選!目的別にオススメ記事を紹介-あなたの欲しい情報がここに-