どーもじゃけぇです。

自己紹介は置いといて、昨今のエンジニアブーム(?)でちょっと思うところがありこの記事を書いてます。

これからエンジニアを目指そうと思ってる人もそうですが、「未経験からフリーランスで年収1000万!」に対し批判的なコメントをしている人にも是非読んで頂きたいです。

TL;DR(書いてることざっくり)

TL;DR

へぼ会社員から今に至るまで
厨二病フリーランス
何故フリーランス1000万が批判されるのか
お金をどれだけ稼いでるかより、やりたいこと(ミッション)が明確なのがカッコイイ
先人の経営者へのお願いごと

自己紹介

自分の現状を軽く紹介したほうがどの目線で書いてるかイメージしやすいと思うので。


新卒で所謂SIerに入社し、3年目の12月で会社を辞めフリーランスになってます。

最初はエージェント経由で仕事をとり、今は個人契約のみでリモートの準委任やシステムまるごと請負とかもやってます。

もうすぐ28歳なので今フリーランス3年目、ここまでは順調に売上を伸ばせれてて今年は1200万くらいはいきそう。


自分が会社員時代にネットサーフィンしてて

「フリーランスエンジニアとして25歳で1000万稼いだ」

みたいな記事(うろ覚え)を読んで、

じゃけぇじゃけぇ

「うおーまじか。こんな人おるんや〜。でも自分がそうなれるとは思わんな〜でもすごいな〜」

と感じた記憶があります。


で、似た立場になった自分が今どうかと言うとその時とは全然違うことを感じています。

このあたりをまとめて、少しでも誰かのためになればなと思ってます。


もっと詳細にここまでの経緯を知りたい人は↓の記事に書いてますので。
(記事の最後にも貼るのでとりあえず読み進みたい人がそのまま進んでください)

調子に乗ってたフリーランスなりたて期

まじでくそほど恥ずかしいんですが、今までで1番調子に乗ってたのはフリーランスになりたての頃だと思います。

その頃の自分は、会社員を勇気を出して抜けてフリーランスとして働いてるという事実に酔ってた。。完全に。。

このブログも昔の記事を遡ると「まだ会社員やってるの?フリーで稼ごう!」みたいなこと書いてると思います。

あーハズカシイ。エージェント経由で仕事してるなんちゃってフリーランスのクセに。何も成し遂げてないクセに。

こういうモードでずっといる人は「厨二病フリーランス」と体現するのが良いかもしれない。

誰しもが通る道なんだけど、ずっと引きずるとイタイ..

ただ、勿論そういうスキームでの情報発信も必要だとは思っていて、「するな」とは言わないし自分も自分の事実に基づいてはこれからも発信していきたいなとは思ってます。

完璧な状態での情報発信しか認められないような世界は面白味ないですし。

ただエンジニア業界に関しては特に「厨二病発言」をすると批判にあいやすいので気をつけてください。

何故フリーランス1000万が批判されるのか

「フリーランスで年収1000万!」

というと今やSNSでは叩きの的ですね。

これにはいくつか理由があって、

純粋に技術を好きな人達が「そんな金目的でこの業界に入ってくるな」って感じたり、

既に働いている人が「頑張って働いている自分でもやっとこれくらいの収入なんだから、自分よりレベルの低い奴にそんな稼がれてたまるか」って感じたり、

会社を経営してる人が「フリーで1000万くらいで偉そうに言うな。会社をまわすほうが100倍大変」って感じたり、

まぁ様々です。


確かに自分も「ただ金目的で楽そうだから」って人と話したらなーんも面白くないので、そっとその場を立ち去ると思います…

けど、「ただの金目的」で仕事をやってる人はどこの業界も多いのは事実ですし、むしろエンジニアはその割合が少ないからこそ批判されるんだと思います。

政治家が全員国を愛しているかt…おっと


それにただ金目的でやって続く世界じゃないことは皆さんがよく知っていると思うので、放っておきましょう←


じゃあフリーランスになるのはよくないのかと言うと、自分は本当に会社を辞めてフリーランスになって良かったと思ってますし、自分の周りの人達を幸せにできている感じも会社員時代より全然増してます。

ただあくまでこれは過程としての経験であって、そこからどこに行き着くかが大事かなと。

自分のやりたいこと(ミッション)が明確なのがカッコイイ

最近本当に感じます。

数年前は自分の中で「お金を稼いでいる」のがバリューでした。

スキルの高い会社員の人を見ると、「えーフリーランスになれば収入3倍になるのになんでならないんだろう」と。


フリーランスになって、ありがたいことに色々優秀な人達(スキル的にも思想的にも)と仕事をさせてもらう中で、その考えは180度変わりました。



「自分のミッションが明確なのが1番カッコイイんだなぁ」と。



ここでいう「ミッション」「やりたいこと」と置き換えてもらってもOKですが、要は身に付けたスキル、経験で世の中に何ができるのかを考えている人、明確な人です。

例えフリーランスとして1000万稼ごうがやりたいことが特にない人より、自分のミッションが明確でそのために年収400万でも働いている人のほうが断然カッコイイ。

そしておそらく将来的に後者のほうが何かを成し遂げてる。

経営者が何かかっこよく見えるのは多分、色々経験して自分のミッションを明確にもってるからなんだなぁ。と。


そして自分には今それがないし、技術力もまだまだ足りない。

自分のミッションを見つけれて初めて1人前のエンジニアになれる。

そんな気がしています。

さいごに

興味の入り口、経過としてフリーランス1000万というのは全然アリだと思います。

ちゃんと勉強すれば再現性も高いですし。

ただ、少しずつでも

「自分にはこの身に付けた技術で社会に何ができるのか」

を考えながらやっていくと良いんじゃないのかなと思います。モチベーションも上がりますし。

そこが明確にないといずれ自分のように感じる日がきますし、「厨二病フリーランス」で終わってしまうのでね。。



そしてフリーランスを批判する方々は、こういう通過点の者がいるという事実も知って頂けたらと思います。。

自分はたぶんミッションが見つかればすぐにでも会社を創るのだと思います。

「そんなもの見つける前に行動してしまったほうが良い」

等々、先人の方でアドバイスあればお待ちしていますm(..)mm(..)m

みんなで、良くしていきたいですね。


それでは!また!!


最後まで読んで頂きありがとうございます!
人気の記事だけ集めたので是非覗いていってください^^

 厳選!目的別にオススメ記事を紹介-あなたの欲しい情報がここに-